研究大会

異文化経営学会の研究大会の報告です。

異文化経営学会 2021年度第2回研究大会のお知らせ


異文化経営学会会長 馬越恵美子

いよいよ秋の到来でございます。その後、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

さて、先般ご案内のとおり、2021年度第2回研究大会を11月20日(土)に開催いたします。今年こそは対面で、と模索してまいりましたが、デルタ株により事態の収束が読めないため、今回もZOOMでオンライン開催することといたします。会員の研究報告もたくさんあり、学会賞やフェローの授与式、さらにはフェロー記念講演など、盛りだくさんの内容となっております。招聘講演では、NHK元アナウンサーで紅白歌合戦の総合司会を務められ、現在も音声表現コンサルタント・ナレーター・司会・ファシリテーターとしてご活躍の松本和也氏(㈱マツモトメソッド代表取締役)に「オンライン時代にも対–応!聞き手をつかむ伝え方のポイント」と題してお話いただきます。自分の思いを伝えるにはどうしたらいいのか、日ごろ、小職自身も試行錯誤を繰り返しております。きっと貴重なヒントを得られるのではないかと楽しみでございます。

どうぞみなさま、奮ってご参加くださいますよう、ご出席のお返事をお待ちしております。参加お申込みの方法は下記のプログラムのあとに記しますが、方法が従来と異なっておりますので、ご注意くださいますようお願いいたします。

日時:2021年11月20日(土)10時00分〜18時00分
会場:オンライン開催(ZOOM)
司 会:宮本文幸氏(桜美林大学ビジネスマネジメント学群准教授・本学会理事)

挨 拶:10時00分〜10時05分

馬越恵美子氏(本学会会長・桜美林大学経営学系教授)

第1報告:10時05分〜10時45分

報告者:徐毅菁氏(筑波学院大学助教)
演 題:異文化経験と従業員のモチベーションの関係についての考察
コメンテータ:中川有紀子氏(慶應義塾大学産業研究所研究員)

第2報告:10時45分〜11時25分

報告者:福井啓介氏(EdMuse株式会社 代表取締役CEO)
演 題:異文化経営とイノベーション:ベトナム及びインドネシアにおける事業開発の経験
コメンテータ:池上重輔氏(早稲田大学大学院商学学術院教授・本学会理事)

休憩:11時25分〜11時30分

第3報告:11時30分〜12時10分

報告者:王張璋氏(岐阜市立女子短期大学国際文化学科専任講師)
演 題:人材育成を通じた日本型海洋動物飼育理念の導入:中国における水族館を事例に
コメンテータ:下田恭美氏(早稲田大学社会科学部准教授)

第4報告:12時10分〜12時50分

報告者:橋本祐明氏(トッパン・フォームズ株式会社グローバル事業部シンガポールオフィス部長)
演 題:海外子会社ガバナンス強化の実践発表
コメンテータ:松田千恵子氏(東京都立大学大学院経営学研究科・経済経営学部教授・本学会理事)

昼休み:12時50分〜13時30分

第5報告:13時30分〜14時10分

報告者:川粼昌氏(桜美林大学ビジネスマネジメント学群特任講師)
演 題:職場におけるジェンダー・ダイバーシティ・マネジメント
       - 事例にもとづく二元論・多元論・一元論的アプローチの一考察
コメンテータ:古川千歳氏(愛知大学経営学准教授・本学会理事)

第6報告:14時10分〜14時50分

報告者:大谷勝彦氏(パナソニックヨーロッパ有限会社・広報担当課長)
演 題:在欧10年 - 異文化経営、最前線からのケーススタディー
コメンテータ:中村好伸氏(EQパートナーズ株式会社執行役員・本学会理事)

休憩:14時50分〜14時55分

第7報告:14時55分〜15時35分

報告者:寺粼新一郎氏(立命館大学経営学部准教授)
石井裕明氏(青山学院大学経営学部准教授)
磯田友里子氏(高知大学人文社会科学部講師)
演 題:ある国からの製品イメージは顧客の制御焦点をどのように変化させるのか:対象国への心理的距離からの検討
コメンテータ:林尚志氏(南山大学経済学部教授)

学会賞授与式 および フェロー授与式: 15時40分〜15時55分

フェロー特別講演:15時55分〜16時45分

講演者:桑名義晴氏(桜美林大学名誉教授・当学会フェロー)
演 題:「大変革時代における日系多国籍企業の新たな成長に向けてー組織の進化・イノベーション・多様性の視点からー」(仮題)

休憩:16時45分〜16時50分

招聘講演:16時50分〜18時00分

講演者:松本和也氏(株式会社マツモトメソッド代表取締役)
演 題:「オンライン時代にも対応!聞き手をつかむ伝え方のポイント」

オンライン交流会 18時00分〜18時30分





<参加お申込み>

参加希望者は、11月15日(月)までに下記URLにてお申し込みください。参加には、お申込みが必須です。

https://form.qooker.jp/Q/auto/ja/tms/ibunka/

視聴用Zoom URLは、開催2日前の11月18日(木)ごろに登録頂いたMAILアドレス宛に配信いたします。(配信の都合上、発表者・コメンテータ・役員等の関係者も必ず申し込みください)
また、資料は2週間前を目途に学会ホームページ(Members欄)に掲載します。

皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

以上


以下の画像をクリックすると大きなお写真をご覧いただけます。


* * * * * * * * * * * * * * * *
<<研究大会一覧へ戻る
このページのトップへ▲